先練り織の紋意匠着尺

商品画像1
商品画像2
商品画像3
各画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。 
※商品の着姿画像はイメージです。実際の商品とは柄の出方や色合いが異なる場合がございます。

■ 先練り織の紋意匠着尺 ≪丹後製織七宝繋ぎ:藤鼠≫ - 5009011¥38,880(税込)

先練の糸を使い丹後の機場で光沢ある七宝文様を織りあげた紋意匠の小紋着尺です。
(本品は後染加工はしていない織の反物です)

【色・柄・織】
経糸には白の糸を使い、緯糸に藤紫と緑掛かった淡いグレーの二色の糸で七宝文様の色を織り出しています。
先染の糸で柄を織り出したことにより、染では表現できない幻想的な彩りが光沢で発色良く生まれました。

先染お召しと同じように見る角度によって色が変化して映り格調高く見えます。

【先練とは】
織物にする前の生糸の状態で、不純物であるセリシンなどを取り除く精錬の作業をすることです。
先練りの織物は大部分が糸を先に染めてから織られる先染織物で、一般的に大島紬や御召、銘仙などに用いられます。

本品はお召しのように見えますが、お召し糸は使わずに紋織りをした紋意匠の反物です。
先練をしていることにより、後練りの生地とは風合いが異なりシャリ感があります。

【用途】
普段着のお出かけ着物としては勿論、色無地のような感覚で礼装用の帯を合わせれば略礼装な着物としても着こなせます。
パーティーやお食事会などに上品に少しオシャレもできる着尺(反物)です。

先染織物なので、裏地を気にすることが無く単衣の着物用として選択肢が広がります。

お茶会に着れるかどうかは、お茶会の主催者(先生)にご相談されることをお薦め致します。








素材 絹100% 
製織地 日本(丹後) 
染色地  
生地 紋意匠【長さ13m 巾38.5cm】 
種類  
 
藤紫に緑掛かったグレー 
数量

当商品は無料記事見本をご用意しております。

当商品の無料生地見本をお申し込みいただくには、下記ボタンよりログインまたは京都wabitasへの会員登録(登録費、年会費無料)を行っていただく必要がございます。
詳しくは無料生地見本ページをご覧ください。

無料生地見本
ページトップへ